医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2021/08/12
令和2年における病院の耐震化率、全国で77.3%、災害拠点病院等のみは93.6%

 厚生労働省より、病院の耐震改修状況に関する令和2年調査の結果が公表されました。
 これは、令和2年9月1日時点における全国の病院の耐震化の状況を調査したものです。

 これによると、調査対象8,255病院のうち、8,254病院が回答し、このうち全ての建物に耐震性があるのは77.3%にあたる6,382病院でした(前年調査では76.0%)。政府は令和2年度末までに病院全体の耐震化率80%を目標としていましたので、目標を2.7%下回る結果となっています。

 都道府県別での耐震化率上位5県は、以下のとおりです。

  1. 静岡県:91.8%
  2. 宮城県:89.7%
  3. 山形県:89.6%
  4. 滋賀県:89.5%
  5. 島根県:89.4%

 最も高い静岡県のみ90%を超えています。

 他方、耐震化率が最も低いのは、前年に引き続き京都府で65.6%(前年64.5%)でした。

 この他、地震発生時の医療拠点となる災害拠点病院及び救命救急センターの耐震化率は、一昨年の90.7%、前年のから92.4%からまた少し上昇し、93.6%となりました。回答した763病院のうち、714病院が全ての建物で耐震性を確保しています。

 調査結果の詳細は、以下のサイトをご参照ください。

参考:厚生労働省「病院の耐震改修状況調査の結果


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


CONTACT

社労士officeてらざき

〒902-0073
沖縄県那覇市上間579-1
グレイスハイム城間202
Tel:050-5359-8648
Fax:098-993-7200